Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

エッジ・オブ・カオス

今日の「爆問学問」は人工頭脳のお話。(途中見w)
結構この番組で取り上げるネタが好きです。

数学とか物理学とか数値的なことはチンプンカンプンだけど
宇宙とか生命とかロマンを感じる話は好きだなぁ。

コンピュータの進歩はすごいものの、やはりヒトの脳みその絶妙な
「ゆらぎ」や「直感的発想」を表現させるのはまだまだ難しいらしい。

そういった研究素材というか発展させる考え方のひとつに
カオス理論っていうのがあるそうです。

ちょっと調べてみると・・・

著名な気象学者ローレンツは、1963年、長期予報の不可能なことを「蝶の羽ばたきによるわずかな風が、数カ月後の台風の進路に影響を与えるかも知れない」という形で表現した。これが有名な「バタフライ効果」。「北京で蝶がはばたくと、アメリカで嵐が起こる」と言う形で話題になった。
カオスとは「決定論的なシステムがつくり出す非周期振動」 という現象であるといえる。ここでいう決定論システムとは、破ることができない不変の法則からなる系という意味。すなわちカオスは、不変の法則に支配される系にありながら法則性のない予測不可能な非周期的振舞いということ。
辞書的にはchaosは混沌と訳されるが、複雑系の科学におけるカオスは決定論的な法則に支配されているという点が本質的な特徴であり、この意味でdeterministic chaosとも呼ばれる。

・・・・・あはーーン???
コトバがむ・む・むずかしい(苦笑)

でもね、
番組でわかりやすく解説してくれてたのを自分なりに解釈すると

カオスって一般的には 混沌とした闇 ってイメージだけど

その闇は決して虚無ではなくて、 そこから繰り返し 新たに物象が
生まれ出づる土壌 なんだわ。。。


宇宙のはじまりもそうだった。

星が生まれて 死んで 暗い闇の空間の中から
また物質が寄り添って 新しい星がうまれる


昔から「カオス」という言葉が好きでした。

けれど昔は今と違ってダークな感覚で好んでいたような気がします。
何も見えない、混沌とした・・・闇 っていう意味で捉えてた。

最近は 光と闇 どちらが良い悪いじゃなくて
お互いに補完しあっているものとして、
いや本当のところは同じものだし・・・って感覚で捉えてたし

「カオス」の意味合いも自分なりに前向き?なイメージを持ててた所だったんで
学者さんが説明してたカオス理論はまさに思ってた通りじゃん!って
かんじで妙に納得できたのでした。

図形とか数字とか細かい事出されるともうサッパリ!??だけどね^^;

大まかには法則があって、細かい部分は自由☆

まさに宇宙の大らかな計らいですよ^^
自由意志、ちゃんと尊重してくれつつ ガッシリ枠(流れ)はあるというワケ。。。

宇宙もカオス。わたしたちのしくみもカオス。

ギリギリのリアルをくれ~~♪ ←これはエッジ・オブ・カオス(福山雅治)
すいません、好きなんですこの歌(笑)。

カオスがあるから可能性がある。それぞれの反応が新たな連鎖を起こす。
だから世界は面白い!

あなたが風を起こしたら、あなたの意識・行動が世界の流れを変えていってる。
ってことなの・・・かな。

 ←クリックおひとつよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:宇宙 カオス

Comments

Post A Comment

What's New?