Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手だったからこそ面白くなってきた

♪人間なんてララ~ラ~ラララ・・・・

な~んて歌が昔ありましたっけ。。。(知ってる?)

思えば昔、わたしは人付き合いが苦手な子供でありました。
今の私しか知らない人には少々意外に思われるかもしれませんが。

もしかすると、ひとよりちょびっとだけ「ヒトの心に敏感」なクチだったのかもしれません。
それ故、気にならなきゃいいところにまでイチイチ気がまわって疲れてしまう。

自己防衛本能が強すぎたのかなぁ。
あまりズケズケと人の懐に入られるのを好まなかったのね。

子供のクセに子供が特に苦手でした。
大人と居る方が妙に気楽だったような^^;

子供ってね、容赦ないところあるからね。

例えば5~6歳くらいまでだったかな、それくらいの小さい子って

「自分と他人の意識境界線がほとんどない」んですって。

だからきっと自分のフィーリングにそぐわない、自分と違うもの(造作・雰囲気)
に敏感なんでしょうね。殆ど自他混じってるワケだから。
それでいて自我が目覚める過程だからある種、意識状態は不安定です。

で異質な人間への素直な対処として「おまえヘン!!」
とか言っちゃう。
エスカレートすればイジメですね。

だからイジメってのは、 自我の境界線が安定してない人のやる事ですよ。
オトナにも多いから困ったもんだ。

私は大げさにイジメられた経験は無いけど、ちょっとしたそういう言われ方は
何度かされて(今思い返すと全然深い悪意は無かったんだよねきっと)
傷ついたりしたけど、その頃から

なんでみんな一緒じゃなきゃアカンの?

っていう言いようのない疑問・不満があった。

と同時に 混じれない自分がオカシイのかなぁ っていう疎外感もあった。

もしかしたら心は昔からオトナ寄りだったのかもね(笑)。
もしくはアイデンティティーを大事にする西洋人寄り!?


オトナになるほど、自分がラクになってきたのは

「自分」という殻が皆しっかりしてきて互いに自己責任をもてるようになったから、
なのかなぁとふっと思いました。

子供の頃ほど皆他人に執拗にコミットしなくなるという言い方もあるかもしれない。

適度なフィールド(距離感)を保てるようになって
人間づきあいがどんどん面白くなりました。

多分ね、
今いろんな人と接して、人付き合いを上手にこなしてる人の中にはきっと
昔はそういうのがヘタクソで苦労した人多いですよきっとw

芸能人とかには人ギライや引っ込み思案を逆手にとってる人多いもんね。

苦労とか疑問から、観察心に入って
なるほど~~…とか、発見に至って

人間って案外面白いやんか♪

と思えるようになった。


私は 「私」という外郭をこの世に持ってから

分離と集合のあいだのジレンマ に長いこと戸惑っていたのかもしれない。

せっかくココで生きてるかぎり、

「私」という駒でしっかり人生堪能しておきたい♪ そう思いますd(^-^)b


---------------------------------------------------------------
☆ただ今、6月6日(金)・10日(火)開催、『レイキ交流会』申し込み受付中☆
詳しくはこちらをご覧ください
関連記事
スポンサーサイト

タグ:人間 人づきあい 人間ギライ 好き

Comments

私もなんとなく先生と同じです

私も先生と同じで いまだに 人が考えてる内面が見えたりして敏感なんで距離を持ちたいタイプです 仲良しの人とはとことん仲良くなれますが いまだに距離感がないと気疲れしちゃうから たまには一人でいたいかな (*´∀`)♪(笑)でも大人になるとそのほうが楽ですよね

2008.05.29(Thu) 10:57       ばぼちゃん さん   #-  URL       

ばぼちゃんへ

敏感な人は余計にいろいろ感じちゃうんで距離感が大事ですね。
昔はなんでこんなに人と居ると疲れちゃうんだろう…とか
思ってた時がありました。
手前ミソですがレイキと出会って上手な距離感・人付き合いが
より楽な感じで出来るようになりましたよ(^^)

2008.06.03(Tue) 21:10       あさよ さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。