Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマエの不思議

ゲド戦記ってジブリが映画化して有名になりましたね。
映画はまだ見ていません。いつか見たいとは思っていますが…

私は原作1巻の「影との戦い」がとても好きなんです。
児童文学なんですがジブリが映画化する前から知っていて
すごく深い話で気に入っています。

ゲドの世界では
ナマエにはその物本来の姿をあらわす力があります。

日常で使う名前とは別の「本当の名前」です。

それは人に限らず、すべてのモノに宿っています。

言い換えれば魔法の呪文みたいなものともいえるでしょう。

宮崎駿はゲドの世界がかなり好きらしく、
全体的な世界観は「ナウシカ」、「もののけ姫」に相当にじみ出ています。

ナマエが力をもつ、というのはまさに「千と千尋」がそうです。

さて、
ネット上で使うハンドルネーム。

これは偽りの名前。

本来の自分をあらわすものでは無いのかもしれません。

でも、

不思議なもので、これで自分を広げ、繋がり絆を紡ぎだし
新たな自分を作り上げている …という側面も確かにあります。

そうなると、本名とは違う部分で
このハンドルネームの名前の方にも「私の歴史」が重なっていきます。

もしかすると本名よりも、とある部分では
大きな力を持ってくる事もあるでしょう。

そういう人はこのネットの世界ではきっと沢山いるハズ。

「ナマエ」を持った時点で、新しい息吹が芽生えるんです。

だからどんなナマエでも、仮のナマエでも
それは大事にしないといけないのでしょうね。


 ←お気に召しましたらクリックよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:ゲド戦記

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。