Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

クォンタムタッチ、か・・・

以前から、気になる施術がありました。

クラニオセイクラル、別名・頭蓋仙骨療法ともいう、
殆ど力も入れず、頭蓋骨周辺の各部を軽く触る感じで刺激するだけで
全身の骨格矯正をしてしまう(!!)というスゴイ技法があるのです。

昔読んだ、アンドリューワイルの「癒す心、治る力」という本の中に
その施術の話題が出てきてちょっと信じられなかったんですよ当時は。

最近またクラニオの事が頭に浮かんできてて、
興味が高まってきたので本屋さんに何か資料本は無いだろうかと
探しに出かけてきました。

東洋医学書コーナーにありました。オステオパシー医学本として。
ぶあっつい重いのが一冊。定価20000円!(却下w)

クラニオ(オステオパシー)はれっきとした整体系のスキルみたいです。

頭蓋骨だけで全身が治る!?と思われるかもですが、
実際、私が時々通うカイロプラクティックの先生は頭蓋・脊椎付近の
刺激だけで体の別の部分補正をしてくれちゃいます。

そんな経験もあるし、レイキなどのエネルギーワークに慣れ親しんだ今、
そういう調整法にはなんら違和感は感じなくなってきました。

クラニオの本が高かったので(苦笑)、
代わりと言ってはなんですが別のボディタッチ系のワーク本で
良さげなのは無いかな~…と思い、購入したのが

『クォンタムタッチ―奇跡のヒーリング技法』(リチャード・ゴードン)

クォンタムタッチという言葉にも以前から何かしら
興味惹かれるものはありました。
他にもボディワークにはアレキサンダーテクニックとか
TFT?だったかなんだったか、まぁいろいろあるんですが

なんとなく、クラニオとクォンタムタッチには近いものを感じます。
(ってまだ本もろくに読んで無いんですけれど)

そしてクォンタムタッチはレイキとすごく相性が良さそうです。
レイキに限らず様々な施術との掛け合わせでも威力を発揮するみたい。

ちょっとスゴイな!と思ったことがありました。

本を開けてぱらぱら~っと全体を流し、最初のくだりを読んで、
試しに少し痛かった首と腰に意識して手当てしたんです。

ちゃんとしたやり方はわからなかったけど、
意識した方向にエネルギーは流れるので痛い箇所を挟むようにして
エネルギーを送る…といったイメージを持ってぼんやりと流してました。

最初の設定のほかは殆ど無意識に何も考えず行っていて
しばらくして手を離して体を動かしてみると・・・

あれ? 
さっきまで少したわんでた体にまったく引っかかりが無くなってます!
全身のエネルギーバランスが整ったみたい。

レイキでもこういった開放状態は起こりますが、
こんなに素早く・顕著なのは珍しいかも。

パワーアップ・レイキだったのでしょうか。
クォンタムタッチなのかレイキなのか、よくわかりません^^;
エネルギーの集め方がクォンタムタッチは特化してるのかも。

・・・・・うーーん、面白そうだぞ。クォンタムタッチ。


 ←お気に召しましたらクリックよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:クォンタムタッチ、レイキ、クラニオ

Comments

Post A Comment

What's New?