Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

水の摂り方

「健康のために水を沢山飲みましょう」

「1日2リットル飲みましょう」

「朝起きたらコップ1杯の水を飲みましょう」


とかく健康推進のために水を飲め飲め!と最近のメディアは言います。

各種ヒーリングの後も
「浄化が起こるので排出を促すために」水を多く飲むように進めます。

水は確かに人間に必要不可欠なものです。
人間の体の約70%は水分だと言われています。

水は常に流れて循環していないと清浄を保てません。

だから新しい水を飲んで(取り入れて)循環を促進させる方法は
間違ってはいないと思います。

けれど、
ただ何も考えずガブガブ大量に飲むことが単純に健康に繋がるでしょうか?

沢山取り入れても、順調にろ過・排出する機能が整っていなければ
水が詰ってしまうだけです。

水の循環機能にも個体差があります。

アーユルヴェーダで言うと、火の気質の人は代謝能力が高いので
どんどん飲んでも容易に機能消化する事ができます。

火の気質は、簡単にいうと熱エネルギーが高く、アグレッシブで行動派、
火の属性なので水は反作用、冷たい水でバランスを取りやすいのです。

他に水の気質・風の気質、というのもあります。

水の気質の人は元々水の属性が強いので過度な水分補充は
過多となりバランスを崩します。
因みに水気質の特徴は体力があり、落着いた感じ、寛容。

風の気質は、快活でスピード感がある、気分屋、緊張型。
このタイプはコロコロと体調が変調しやすく
バランスを保つのが苦手です。なので水の採り方にも配慮が必要です。

ここに上げた例はアーユルヴェーダの診断のほんの僅かのサンプルで
実際はもっと複雑なものですが
体質・気質・その時の状況によって水分の取り方は変える必要があります。

健康で、正常な排出機能がある場合に
沢山の水は飲んでくださいね。それも間をあけてこまめに。

それからキンキンに冷えた水はNGです。
内臓温度が下がると活動も衰えます。体がバテてしまいます。
室温状態にしておくのが良いですよ。
アーユルヴェーダでは白湯(さゆ)を取るように言われています。

自分の体の声にきちんと耳を傾けていれば
自分が今何をどれくらい欲しているかはわかります。

言われたからではなく、「自分自身が必要としている」のを感じて
綺麗な花に水をやるように、愛しむように取り入れてください。

そして自分に不必要になった古い体液・細胞の残骸、
病の苦痛や不快感などネガティブな思い、それも古い思想と言えますね。
そういった不要なものとお別れするように思ってください。

意外ですが、イヤな事なのにそれを手放せないで溜めてしまう人は沢山います。
表面上は願っていても、心や体の奥に固執しているものは
簡単にはオモテに出てきにくいのです。

古いモノが汗となり尿となり体から消えていくのを感じてください。

そうやって流れていくのが本当の「浄化」です。

良い循環を起こせる水の飲み方、考えてみませんか?


 ←お気に召しましたらクリックよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:アーユルヴェーダ、水

Comments

Post A Comment

What's New?