Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

「かもめ食堂」はいい。

映画「かもめ食堂」を見ました。
見る前からなんとなく好感触だったんだけどやっぱり好きな映画だなぁ。

話自体は特にどうってことはなくて、
ただ淡々と だけど丁寧に日常を描いている。

北欧の街で日本人の女が和食カフェを営む。っていう
まぁオシャレ~な設定だったりするし雑貨とか町並みとかステキだし
わぁ~ここ行きたいよー!って思わず思っちゃう(´▽`)

それにしても小林聡美は綺麗になったなぁ~・・・と。

見た目の美しさっていうよりか齢を重ねてくるとやはり
ゼーーーッタイ「内面の美」が強調されてきますわねっ!!

この映画の役が良いのかな?
以前より痩せてしゅっとしてて元々はつらつとしてたけど
オトナの落ち着きが入って凛とした輝きがとても魅力的です♪

ほかの2人もやっぱり良い味出してますしナイストリオです☆

昔「やっぱり猫が好き」とかの頃のわぁわぁ言ってたイメージが
根付いてたので久々の3人芝居を見るのは新鮮でした^^
(追記:1人キャストが違ってた・・・でも馴染んでたなぁ 笑)

この映画でえーーーっ!そうだったん!? と思ったこと。

それは・・・・・

ムーミンのスナフキンとミーが従兄弟関係だった
という事!!

知ってました!?私は知らんかったですよぉ~~(笑)

そして良い言葉だなぁ と思ったのが

(北欧の街でお店開くの大変なのに)好きなことをしてるってスゴイですね
みたいな事を言われた主人公が

「好きなことをする、というより 嫌なことはやらないだけ」

・・・のようなセリフを言ってて。(ちょいうろ覚え^^;)
コレに静かにしびれました!!

コレ捉え方によってはそんなの単にワガママじゃん!(`ε´)
とかにも聞こえちゃうかもしれませんが

やるべきことを悔いなく、ちゃんとまっすぐやってる人が言うなら
すっごいかっこいいセリフですよね~。潔い!!

とにかく主人公の女の人って「芯がまっすぐ」なんです。
見た目にストロングう~めん!!(笑)ってアメリカ的じゃなくて

たおやかで強い。そして美しい。。。。。

なんでコレ、フィンランドが舞台なんだろう…って思ったけど
外の国に居て日本国の民の美しさを醸し出す
って意図もあったのかもしれない。

フィンランドは最近オシャレ系で流行ってて憧れの場所ですが
あそこも冬は極寒の地でそんなお気楽なことばっかじゃないはずだし

どっかで日本と「厳しさの中にある美しさ」っていう共通点が
あるのかもなぁ・・・・・とこれはアクマで個人的感想ですが(笑)
和洋のバランスがとても良く調和した作品だと思いました(*^-^*)

この映画をみるとすっごく「おにぎり」が食べたくなりますヨ(^¬^)

 ←クリックおひとつよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:かもめ食堂 映画

Comments

Post A Comment

What's New?