Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

奈良の細道、丹生川上神社

最近またブログ更新が滞ってしまっていますね。はは・・・(汗)

元気にしておりますですヨ♪おかげさまでバタバタしつつも
充実した日々を過ごさせていただいています。

特に先月は殆どじっとしていなかったんではないか!?
というくらいに忙しくあちこち飛び回っていました。

気づけばいろんな神社仏閣にも訪れる機会に恵まれました。

今更ではありますがちょっとそれを振り返ってみようかな~と思います。
よければおつきあいくださいませ(^.^)

今回は『丹生川上神社 下社』のご紹介☆

先月、NPOで恒例のレイキ合宿が奈良・天河で行われました。
その合宿に参加すべく、立ち入った山中でこの古の社、
丹生川上神社・下社と再び会いまみえたのです。

nibu1.jpg

「再び」ということで以前にも参拝させていただいたことのある神社です。

もう6年以上前かなぁ、当時はエネルギーとかいまいち
解らなかった頃に、そういうのが好きな方たちに連れられて来たのです。

「ここはすっごい良い(エネルギーのある)所なんやで」
と言われたような気がします。
竜神さまがいるとか、流れてた(見えた)とかそんな話題で
盛り上がってるひともいました。

わからないなりに、居心地のよい印象は残っていました。

それから年月が過ぎて、自分がレイキを御伝えするお仕事を
するようになってからの再訪です。

実は偶然に立ち寄ったんですよ。
もともとこの日は天河神社を目指していましたから。
途中にこの神社があるのは知りませんでした。

旦那の車で天河へ向かっているときに、なにげに
「以前、天河に行ったときに竜神さんの神社にも行ったんよ・・・」
としゃべっていたら何やら見おぼえのあるロケーション、

あっ!!ここちゃう??・・・・ここやんっ!!!

nibu2.jpg

急遽車を止めてもらい、ご挨拶に行かせていただくことに。

この日は11月中でも稀にみるような大雨でした。
家を出て奈良に入るまでは猛烈な雨で、現地は大丈夫かと
思わず心配になっちゃいそうな天候だったんです。

でも丹生川上神社を通ったころは小雨になっていました。

雨は降っていたけど、これはきっと歓迎の印しだと感じました。
丹生川さんも、そして天河さんも、水にご縁の深い所。
小雨が静かに優しく周りを包んでいるような感じ。

拝殿の、お座敷のほうに上がらせていただき、
そっと回廊の上を見上げました。

この長い回廊の上にご神体が鎮座しているのか、
この拝殿奥の山自体がご神体なのかちゃんと確認していませんが

間違いなくその先(上)は聖域。
キンと張りつめた山の空気とともに、清々しいエネルギーが
回廊を通じて降り注いできます。

本当に気持ち良かったです。。。。。。

この長い回廊といい、川沿にたたずみ時に荒ぶる水とともにある事といい
まさにここは竜の神様のおわす場所なのでしょうね。

nibu3.jpg
豊かな水の恵みのある場所なのでご神水の汲み場もあります、が。
前回は確か汲めたんだけどこのときは水が止まっていました。

nibu4.jpg
拝殿の横後方に「お願いごとをひとつだけ叶える」
というご神木がありました。このコ覚えてる!!

巨木スキー(笑)はおもわずスリスリ。
樹齢500年ほどの上が二股に分かれた夫婦木のようです。
(夫婦木・・・とは書いてなかったような気がするけど)

見上げると、雨玉がぽろぽろと光る木の枝から落ちてきて
それがすごく綺麗だったな~。
となりのトトロのワンシーンを思い出した(わかる人いる?)。

nibu5.jpg
今期はあまりじっくりと紅葉狩りはできなかったけど、
ここのモミジはなかなか良い感じでした♪

緑から赤のグラデーションがステキ

ほんのちょっとの滞在時間ではありましたが、
なんだかすごく気持ちが落ち着いてすごく満たされた
気持ちになれました。

素直にここ、好きだわーーーー。

すごく馴染むんです。神社も相性はあります。
奈良の古の神社はわりと馴染むところが多いみたいです。

おまけに社務所では楽しいお話を聞かせてもらえて
お菓子や手づくりの乾燥月桂樹(ローレル)までいただいて

なんて親切なんだ。。。。いい人たちだし、いい所だし、
(いや、ものをもらったからとかじゃなくて、ね)

優しさに満ちてるこのときの感じは、今思い返しても
心がほっこりしてとても癒されます♪

また来れて、ほんとに良かった☆

 ←クリックおひとつよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?