Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

映画『SWITCH』を見てきました

今日も沢山雨が降ったなぁ。梅雨真っ盛りですからねー。

そんな中、交野・私市の山裾で行われていた
GOFAR BANK Summer Festa2012というイベントに出かけてきました。

そこで『SWITCH』という映画を見てきたんですが
これがとってもすばらしい作品だったんですよ!

switch.jpg

このSWITCHという映画は一定期間を決めて映画館で上映していません。
自主上映スタイルをとっています。

原作著者の村上和雄さんのことは多少耳にはさんでいたんです。

“遺伝子はスイッチが入るのを待っている”

人間の遺伝子にはものすごい量の情報量が詰まっているにもかかわらず
生涯においてその数パーセントしか使われていない状況なんだそう。

良い遺伝子をオンにするには愛や笑いや感動が必要☆

長年研究や臨床にあたる中で感じる直観的・霊的なひらめきに
通称【夜のサイエンス】と名づけ
それを科学の中の論理的で目に見える部分、
【昼のサイエンス】に反映させる為に更に研究に邁進する村上博士。

科学者さんなのに時々まるで僧侶か先覚者か!?
と思わせるような言葉たちを紡ぎ、

かと思えばサービス精神たっぷりのおちゃめなギャグを
ぶちかます愛嬌っぷりなどなど。村上博士キャラ素敵すぎます!!

そして劇中いーっぱい名言をおっしゃってたんです♪
・・・が・・うう~、ちゃんと思い出せない ←トリ頭w

でもね、私が日頃レイキセミナーを行っている時に
ふと「こぼれおちてくる言葉」っていうのがあるんですけど
そういうのと村上さんのお言葉が結構クロスオーバーしてたので
すごくうれしかったです。

多分、それは間違いなく愛にもとづいたメッセージで
自分という個を超えた所からやってくるもの

超越とかそういう特別なことじゃなくて

ただ(私の体を)借り受けてサムシング・グレート
(大いなる存在、宇宙的な)が表している状態で

そういった瞬間が間違いなく、宇宙のかけらである私たちには
もれなく存在するんじゃないかと思うのです。

遺伝子の話なのにどうしても宇宙に繋がっちゃうなぁ~(笑)

だって全部繋がってるんだもん、遺伝子(ミクロ)から宇宙(マクロ)まですべて。


作品の作り方自体はわりとこじんまりとしてて
関西人が沢山でてくるのもあってか全体的にフランクで
親しみやすい雰囲気ですが、内容は深ーーーくて
時々背筋がゾクゾクしちゃう(良い意味で)くらい刺激的です。

もしお近くで上映される機会があったらぜひ見てみてくださいね♪



 ←クリックおひとつよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:映画 SWITCH 村上和雄

Comments

Post A Comment

What's New?