Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

【九州の旅・鹿児島編】霧島神宮・高千穂河原

九州に行ってきたのは5月のアタマ。。。

もう半月ちかく経ってしまいました。ハハハ。ほんと早いよ今月も。

なんかね、九州から戻ってからこのかた、すご~~く眠いんですよ。
毎晩、気絶するように寝ちゃう。その辺でww ←布団で寝なさい(笑)

あとPCはじめ、スマホとかも全然触れられない日々がありました。
その気になれないというか、磁気系に触れたくないというか。
今はだいぶマシなんですけども。

もしかして九州のエネルギースポットを巡った影響で結構いろいろと
私のエネルギー状態が変容・調整の時を迎えているんじゃないだろうかと。


このままつい書くタイミングを失ってしまいそうな状況ではあったんですが
やっぱりすっごく良い旅だったので自分自身の記録としても残しておきたい!!

と思いましたので、がんばってパソコンに向かうのであります!

では行きますよ~~☆
まず旅のはじまりは鹿児島から。


鹿児島の空港から降り立った瞬間、「お、ここは南国♪」
日本だけど違う国みたいって思った私はおおげさですか!?(笑)
(鹿児島・南九州の人すみません (^_^;))

母の実家が大分で北九州は何度か訪れているんですが
鹿児島は初めて。北とは全然違います!
きっと土地のエネルギーが本土と違うよね。

予想はしてたけど、どっしりしてるっていうのかな?
大らかでありつつも、北海道のようなヨコに伸びる感ではなくて
地中にがっつりとアンカリングする野太さ、タテ感ですな。

以前から南九州まで足を伸ばせたら是非、霧島に行きたいと思っていました。

鹿児島空港からレンタカーで早速『霧島神宮』へ。
車だと結構近かったです。

そう、霧島といえば坂本龍馬とお龍の新婚旅行の場所でもありますね。
DSCN6265B.jpg
ということで、こういうものもチャッカリありますよん。
この後お龍の向かいに立って龍馬を取り合いごっこした写真を撮りました(笑)

DSC_8325B.jpg
新緑の緑に朱色の鳥居が美しく映えていますね。

DSC_8345B.jpg
手水舎の造形ウォッチが好きなんです。ココの龍さんがなかなかイイ味だしてます♪
ちょっとオオサンショウウオっぽい!??

DSC_8329B.jpg
霧島神宮
御主神: 天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)

相殿神:木花開姫尊、彦火火出見尊、豊玉姫尊、
     鵜鷀草葺不合尊、玉依姫尊、神倭磐余彦尊

本殿も鳥居と同じく朱塗りに色模様が美しく施された華やかな造りです。
真新しい、、、感じがするのはメンテナンスが行き届いているからか、
それでもここに500年以上前から在り、今の建物も300年前のものみたいなんですけど。

真っ赤なツツジも咲いててね、なんていうか赤!!緑!燃え萌え~~!
やっぱり若い感じだなぁ・・・・意味不明?(笑)

訪れる季節によっても神社の感じって結構変わるんではないかなぁ。

私は基本、神社で特別○○になりますように!!とか事細かく
お願いごとはしないタチなんですが、
九州に入って最初の神社だったので、入念にご挨拶と
安全に楽しい旅が続けられますように♪と祈願してきました。


おっ、あったあったーーー!
巨大木スキーが思わず目を見張る立派なスギの木です。樹齢800年。
DSC_8334B.jpg
人を入れないとなかなかこのスケールがわからないと思いまして。
ちょっとカッコつけてます(・´艸`・)

地に深く染みこむエネルギーの中にあって、この木のあたりはぎゅいーーん!
と天に向かう感じの上向きの流れになっててなかなか面白い。
よーく見るとクルクルりんっ♪豚のしっぽみたいに巻きながら上に伸びてる枝があり
それがかわいくてね~♪・・・ ←木オタトーク炸裂中w

DSC_8357B.jpg
ここの参道に敷き詰められた石、鹿児島の火山岩なのかな?
ゴツゴツ、気泡が入った感じで色味も深くてなぜか妙に目を引きました。
敷石でこんなにいいなぁ、って思ったの初めてかも。

参拝を済ませるとちょうどお昼時。
旦那が神社のそばのカワイイ雑貨屋兼カフェを押さえといてくれました。
この人、旅になるとめちゃくちゃロケリサーチがんばってくれるので助かります(^.^)
DSCN6287B.jpg
『雑貨・cafe オリーブの木』
古い木造民家をリノベーションした和テイストのカフェ。
手作りの器にお野菜タップリの体によさそうなごはん。美味しかったです。

DSCN6284B.jpg
こういった感じで庭の草木を摘んで手作りの器にさしてるさりげなさがステキ。

DSCN6296B.jpg
カフェのお隣にその漆器を作っている陶芸店があります。
この子はそこの看板犬、ラブリーに決めてくれたワン!


お昼を済ませたあとは車で更に山の奥へどんどんと進みます。

次にどこへ行ったのかというと・・・・・ 『高千穂河原』というところ。

神社仏閣が好き~♪ とか言ってるクセに実は今回
ほとんど何も予備知識を入れることなく九州入りした私。
いや~ここのところ本当に忙しくて事前リサーチする時間も気力もなかったの(-.-)

旅のプランはまるまる旦那におまかせして(車の運転も)
カムナガラに目に見えるものを楽しむ所存でおりましたのですよ~ホホホ。

で、この高千穂河原がどういう所かまったく知らずに行きまして。

着いたら「ビジターセンター」って。登山案内って?
え?山に登るの?聞いてないけど・・・・(汗)

このとき私、少し電池切れを起こしていて体がボーーっとしていました。
ごはん食べたあとだったからかな。
少しキツイ坂を歩かされてちょっとテンションダウン。。。。してたのが

なぜだか急に、気合い復活モードに☆

しばらく上がると急に祭壇の高台が見えてきました。
あ~~、なるほど。
どうやら昔、ここに霧島神宮があったんですね。(今から800年くらい前まで)
DSC_8382B.jpg

標高が高いので風がひんやりとしていて気分が引き締まります。

ほかに誰も居なくてね。それも良かった。

なんかね。。。。祭壇に上った途端にびゅ~~~んって気持ちいい風が吹いて
お迎えしてくれたんですよ。こういう事、しょっちゅうなんですけど。
空気が変わるの。人の気とこの地の気が交わる瞬間のスイッチを感じました。

DSCN6307B.jpg
「天孫降臨」ってよく聞いてたけど、「アマテラスの孫」がここに降りたんだよ~~
って意味だったのね。とても今更なんですが(笑)

DSCN6317B.jpg

この祭壇、古宮址(ふるみやあと)というらしいです。
ここは現在も神籬斎場(ひもろぎさいじょう)として祭りごとが続けられているそう。

大事な部分には結界が貼ってますが、この伊勢神宮敷地内の玉砂利のような
場所には普通に入っていいんですね。
なんだかここにも南国の(里山深い、というのもあるのかもですが)おおらかさを感じます。

DSC_8390B.jpg

原初、おそらく今の天照神話すらも根付いていないような昔から
山岳信仰といった形で畏敬の念をもって崇められていたんだろうなぁ。

ここ、素直に好きです。
今の霧島神宮よりいい。落ち着く~~~♪

旦那もすごく気に入ってました。
だいたいエネルギーの好みは一緒なので(って彼は全然そーゆーの考えない人)
この人のセンスに合わせてればだいたい場所ハズレは無いのです。
ただし、聖域・自然のあふれる場所・田舎限定・・ですケド^^

こうして立っていると、以前に訪れた熊野の熊野本宮旧社地・大斎原の
雰囲気とリンクする。。。鳥居のたたずまいもそっくり。
同じような元の場所だしね。やはり始まる場所、ならではの何かがあるんでしょう。

さて、鹿児島はここまで。

このあとは高千穂(宮崎の方)に向かいます。。。。

・・・・てか、長くなっちゃった。
大丈夫か?? このペースでいけるんか!?私(笑)。

次回、神話の里《高千穂編》 お楽しみに!! ←と自分にプレッシャーww


☆ただ今、5月24日(土)開催、『レイキ交流会』申し込み受付中☆
詳しくはこちらをご覧ください


 ヒーリングスペース 光のオモチャ箱(兵庫県尼崎市) 

☆現代レイキヒーリング・セミナー、レインドロップ、クレニオセイクラル、
タロットカウンセリング他様々なヒーリング・リラクゼーションメニュー有り


詳しくはホームページをご覧ください
セッションお問い合わせ等はお気軽にこちらまでお待ちしています

 ←クリックおひとつよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ:霧島神宮 高千穂河原

Comments

Post A Comment

What's New?