Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

【九州の旅・高千穂編】昼と夜の高千穂神社

GWに訪れた九州旅の思い出し記録です。

前回の記事はこちら
【九州の旅・鹿児島編】 霧島神宮・高千穂河原

鹿児島、霧島を後にして夕方に宮崎、高千穂に到着。
ふぅ。なんとか時間に間に合った・・・・というのも、この日は高千穂で
『夜神楽』を見る予定にしていたのです。

午後8時からなのでそれまでに宿にチェックインして夕食をいただかないとね。

良かった~、ちゃんと食べる時間がありました。
車を飛ばした旦那グッジョブ!(注:暴走はしてません 笑)

DSC_8412B.jpg
種類が多くてなかなか豪華な夕ご飯でした♪ お腹いっぱい。

さて、しっかり腹ごしらえをして高千穂神社へ。

夜の神社の参道はなんだか神秘的。。。
DSCN6343B.jpg

この時期はまだほんのり明るい時間ですが、もう少ししたら真っ暗です。
町の明かりが少なくあたりはとても静かです。

そして拝殿にご挨拶。
夜に参拝するのは普通は大晦日くらいのものでしょうか。
DSCN6344B.jpg

神楽殿へ入ると、早めに行ったのにすでにお客さんがけっこう集まっています。
やはり高千穂といえば。。。の名物なんですね。

正式な夜神楽は冬の時期に一夜通して行われるものらしく、
この日私たちが見たのはその中のほんの一部の舞でした。

天の岩戸に身を隠したアマテラスに出てきてもらうために
神々が集まり酒や歌や踊りで盛り上がるというおなじみのくだりです。

DSCN6368B.jpg
手力男の命が岩を取ったどーーーーーーー!!! 決まってますねぇ☆

舞台の上に美しい切り絵の装飾があります。『彫物(えりもの)』といいます。
絵のひとつひとつに意味があるそうです。

最後はイザナギ、イザナミの神による夫婦和合の舞。

これがなかなかユーモラスで♪

客席に降りてきてそれぞれ異性にちょっかいを出すんですよ、
それを相方が「コラッ!」とバシバシ叩いて連れ戻すという(笑)
DSCN6386B.jpg
お面なのに表情がとっても豊か。
角度などでどんどん顏が変わる、不思議です。

DSCN6394B.jpg
夫婦いろいろあるけれど、でも私たち仲良しなのよね~~っ!(*^^)v

オタフクちゃん・・・もとい、イザナミノミコトがとってもキュートで
2人がじゃれあってるのが微笑ましいんですが

・・・これ、中の人はオジサンですからね。がんばって女形演技されてますね。
今や観光行事で毎晩行われている夜神楽。
これを支えているのは地元住民のボランティアグループなのだそうです。

そうして夜神楽を満喫し、九州旅の1日目は幕を閉じました。
この日は朝4時前に起きてさすがに疲れたので早々に爆睡しちゃいました。


☆☆☆翌日、再び昼間の高千穂神社へあらためてお参りに☆☆☆

DSC_8552B.jpg
昨日は暗くてよく見えなかった境内の狛犬の足元には2匹のコ狛犬ちゃんが。
か、かわゆいではないか~。

DSC_8555B.jpg
昨日の晩と、日中の神社。同じ場所でも全然違う。

こうやって明るい日差しのもとでながめると
昨日訪れた霧島神宮とくらべて、簡素なたたずまいです。

ここは特に夜、独特な雰囲気を醸し出していると思います。
暗闇のベールの中で脈々を神ごと(舞)を続けられてこられた影響は
深いかもしれません。

拝殿の柱に獅子が。これまたカワイイ。
飛んでるし♪ネバーエンディングストーリーのファルコンみたい。
DSC_8547B.jpg

柱に立つこの像がとっても気に入ってずっと眺めていました。
takajinja.jpg
天孫降臨一族、ミケヌノミコトの像。

成敗!とポーズを決めて邪鬼を踏みつけております。

なんでこんなに気になるのかなぁ・・・と考えていますと
同じようなシチュエーションの異国の神がいたんですね。

DSCN0927B.jpg
大天使ミカエル様でございます~~☆
これは北海道、函館のトラピスト教会のミカエル像。

ねッ、似てるでしょう??

古今東西、似たような神様仏様が各地にいらっしゃいますが
このリンクっぷりはちょっとテンションあがりました。

私はミカエルとスサノオは同系のエネルギーだと思ってますんで
きっとミケヌノミコトも同族だと思います(私の中では)。

☆ただ今、5月24日(土)開催、『レイキ交流会』申し込み受付中☆
詳しくはこちらをご覧ください

 ヒーリングスペース 光のオモチャ箱(兵庫県尼崎市) 


☆現代レイキヒーリング・セミナー、レインドロップ、クレニオセイクラル、
タロットカウンセリング他様々なヒーリング・リラクゼーションメニュー有り


詳しくはホームページをご覧ください
セッションお問い合わせ等はお気軽にこちらまでお待ちしています
関連記事
スポンサーサイト

タグ:高千穂 高千穂神社 夜神楽

Comments

Post A Comment

What's New?