Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

小さな命の輝きに泣いた日

ここのところ、昔の事を振り返る機会が多い。
飛び飛びに思い出すこと、感情を追体験してるのかも。。。。。

河合隼雄先生の「イメージの心理学」という本を読んでます。
沢山ある著書の中でも、多少は心理学に精通する人向けに書かれた
ちょっと文章の難しい本。
そんな心理学実践派の本にもかかわらず、ぶったまげるくらい内容はスピリチュアル

前々から思ってたんだけど本当のところ河合先生、どのあたりまで世界の捉え方は
科学寄りだったのか精神世界的(宗教的)だったのか。
・・・いや、分けて考える方に無理があるのかもね。常々そう書いてらっしゃいました。

先生は輪廻をフツ~に説明してますから。決して決め付けではなく。
そして臨死体験の紹介なんぞもしてます。

臨死体験の特徴はいわゆる『光の体験』。

  光と言っても愛と言ってもいいんです。
  結局同じことなんだろうと思います。

  地上で見るどのような光よりも はるかに明るい。

  光の 洪水・・・


光は愛・・・・レイキでも 大宇宙の愛 = 光 といいます。


今からちょうど10年前。
山の中でアーユルヴェーダとマクロビオティックの体験集中コースを受けた時の事。
体中から毒素が抜けて、とても心と体が軽くなったような気がしました。

3日間のプログラムを終えて帰る日の朝、
山道をひとり散歩していると 野原の一角で地鎮祭を催していて
家族が新しい家の祈願を祈っているのを遠くからさりげなく眺めてた。

私、その頃は祝詞をマトモに聞いた事もなくて・・・
「なんて心地よい音なんだろう」、って放心状態で聞いてました。

コトダマが体に入ってくるような感じ。
実際何を言ってるんだかよくわからないというのに。

その余韻をかみ締めながら、また山の中に入って散策を楽しんでいると
朝露に濡れて足元の草たちがキラキラ~って光ってる。

綺麗だなぁ・・・と立ち止まり、目に留まった小さな草の蕾の前に座り込む。

小さな小さな若い草の、もうすぐ花を咲かせようとしている姿。
露の玉に朝日が当たって本当にまばゆく光ってた。
それがその時の私にはすごく神々しく見えて、そしたら急に

ありがとう。。。生きててくれて ありがとう。。。

心の中に響いてきた、コトバ。
私がそのコ(草)に言ったのか、 そのコが私に言ってくれたのか?
わかりません。

とにかくハッキリと受け取ったメッセージ。
そこには「愛」が、ただただ愛が広がっていた。。。

その瞬間、一人山の中で泣きました。泣き崩れました。

嬉しかった。。。今ならきっともっとわかる、あの暖かい波動に包まれた感じ。

当時はまだエネルギーとか全くそういうのに無縁だったから
何がなんだかわからなかったけど、震えるくらいの喜びに包まれて
世界はなんて美しいんだろうと思いました。心から。


・・・・・さっきその感覚を思い出した。

で、また泣きました。
こういうのって嬉し泣きなのかな。

今度は
ずっとずっと 帰りたかった。。。

と、つぶやいていた。

私たちは、いつも何かから断絶している「むなしさ」を感じている。

でも本当はみんな繋がってる。
ヒト対ヒト、といった個人的な限られた狭い次元を超えて。

それに気づけた時に、人は意味もなく泣くのでしょう。

けれど、それは「一瞬一瞬」のことであって、いつもそうありたいけど難しい。

人間ですから。「個として人をどう生きるか」っていう人生かけての宿題なのかも。

 ←お気に召しましたらクリックよろしくです♪
関連記事
スポンサーサイト

タグ: 感謝

Comments

はじめまして

freedomです。
すべてのもの、出来事つながっている見えない光で。
その光の存在に気がついてからというもの涙がとまりません。
レイキからうけっとたエネルギーははかりしれないものがありますよね。
私も現実とのバランスが大事だと思う今日このごろです。

2007.11.10(Sat) 22:51       freedom さん   #-  URL       

freedomさんへ

私もこの日↑は泣きスイッチが入りっぱなしでTVや映画見ていちいち泣いてました^^;

宇宙の愛を感じると、人は決して孤独じゃないって思えますね。
レイキは深いです。あとあとになってその深さに驚きます。

素敵なコメントありがとうございました☆

2007.11.11(Sun) 13:30       asayo さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?