Feel☆見えなくても、感じるヨ♪

好奇心旺盛なasayoの癒し道探求の日々。ココロもカラダもスピリットもキラキラに!

結局は自分次第

最初このブログを始めたころは、ここにはポジティブな事だけ書こうって思ってました。
読んでくれた人が気持ちよくなるような、そんな雰囲気を大事にしたいって。
でも今日はちょっと辛口トークになりそうです。

スピリチュアルやヒーリングの世界に強く興味がある人って
きっと「幸福感」や「真理」をすごく望んでるんじゃないかと思うんです。

なんでそんなに幸せ等に執着するのかっていうと現状に不満足というか
何か足りない…って思いがあるからなのかな。

いえ別にこういった世界観を全否定する気は全くないですよ。
そしたら私自身も否定する事になっちゃうから^^;

・・・・・そうそう、話を戻そうっと。
巷の癒し術って幸せになる為のポジティブな面をひたすら宣伝して「問題・注意点」とかに
あまり焦点を合わせていない所があるよなぁ…と最近感じるんです。
まぁマーケティング界全部がそうなんだけど。CMなんか最たる例よね。
つまり「良い所しか言わない・教えない。」

そして本当にそいういうものなんだ、って思ってると「…アレ?」
って頭を打つ事があったりして。
疑問に思ってたずねても自分の望む答えが返ってこなくてそのうち不信感を抱き
しまいには「騙された~~~」ってハメになる。。。

こう書くのなんかタチの悪い新興宗教に騙された人の話みたいですが
こういう事も結構あるんじゃないかなぁと思います。
元々とても辛い・苦しい思いをしている人が救いを求めてこういうものに飛びついたとして
思っていたような効果や充実感が得られないと、きっと期待した分失望も大きいでしょう。

今、いろんな癒しツールがあり沢山の癒しに関わる人や組織がある中
究極の真実と幸せを求めようなどといきなり高望みをしても多分上手くいかないです。

だって本人にその高い意識に繋がる準備ができてなければ
いくら高尚な知識や術を学んでも「自分のものとして消化できない」から。

自分の意識レベルにあった情報・エネルギーを人は学ぶことができます。
そして段々と知り・進んでいくものだと思います。

感知能力の差は個人差があるので(見える・感じるっていうこと)
その人なりに気づかう要素も変わってくるかも。

例えばレイキについて言ってもレイキの基本概念はありますが、
実情やマスターそれぞれの感じ方で教えるスタイルにバラつきはあるでしょうね。
前回の「受ける…」にも書いた邪気の話など
一般的には受けないと言っているけど、ケースによってはありえる話なども
教え伝える人によってはフォローする必要があるんじゃないかと思って。

・・・・結局「人次第」なんじゃないかなぁ。
マニュアルはあくまで全体的な雛形。もっと柔軟性を持たないとね。

相手次第で、自分次第。。。意識の持ち方次第。。。

自分が何かヒーリング術を学ぼうとした時にどういった所を選べばいいのかというと、
ズバリ「自分の波長に会った人のところに行く」のがベストです。

自分の感じ方・感受性にあった人ならあまりぶつかる事は無いでしょう。
反対に自分と全く考え方が合わない人は、いくら素晴しいヒーラーと呼ばれていたとしても
多分その方から十分なレクチャーを受けることは出来ないでしょうし
何より「信頼感」を得ることが出来ないです。

不思議なもので、大抵すんなり決まる時は
皆さんご自分の波長に合った方に出会ってるみたい。
ビジュアライズ得意な方はそういったマスターを自然に選んでるし
サイキックより精神性重視な人はやはりそんなマスターに自然と引き寄せられるんですね。

これは友達とか普通の人間関係も一緒ですね^^

やはり波長の法則。ですよ。 

なのでもし今習っている何かで納得できないものがあれば
自分の方向性を含めて一度考え直す必要もあるかもしれないです。

例えばマスターの考えにどうしても賛同できない。
それは自分が至らないからなのか、そうではないのか。
違う・・・って思いがどうしても拭いきれなければ、それはそこまでの縁なのかもしれません。

自分自身の成長の証かもしれないし、
別の可能性を試す時期なのかもしれない。

最終的には 自分が信じれる道を進むこと。。。

術を活かすのは結局自分次第ですからね(^^)

 ←お気に召しましたらクリックよろしくです♪

関連記事
スポンサーサイト

タグ:レイキ マスター

Comments

Post A Comment

What's New?